サッカーの第95回全国高校選手権福井県大会は23日、丸岡スポーツランド(坂井市)で準決勝2試合を行った。北陸が啓新を2−1、福井商業が福井工大福井を2−0で破り、それぞれ決勝へ駒を進めた。北陸の決勝進出は3年連続。福井商業は2011年以来5年ぶり。

 北陸は前半を1−1で折り返すと、後半に1点を追加し啓新を振り切った。福井商業は前後半に1点ずつを奪い、福井工大福井を退けた。

 決勝は29日午後1時5分から同会場。北陸は2011年以来5年ぶり、福井商業は07年以来9年ぶりの選手権出場を懸ける。

関連記事