第135回北信越地区高校野球大会は22日、長野県の松本市野球場で準決勝を実施。第1試合は高岡商業(富山1位)が日本文理(新潟1位)に8—6で逆転勝ちし決勝に進出した。

日本文理
104 000 010…6
003 032 00×…8
高岡商業

■日本文理 西村勇輝、稲垣豪人—川村啓真
■高岡商業 土合伸之輔—筏秀生

▽本塁打 永田翔也(日本文理)

 高岡商業は5点を追う三回、土合伸之輔がチーム初安打で出塁すると、2死二三塁とチャンスを広げ久保優斗、島村功記の連続適時打で3点を返した。五回には島村の右前適時打で2点を返し同点。さらに扇谷悠汰が左越え適時二塁打を放って逆転に成功した。六回には、2死一二塁で久保がこの日3本目の二塁打を右中間に放って2点を追加、試合の流れを渡さなかった。

 初回に1点を先制した日本文理は三回、永田翔也の左中間2点本塁打や松木一真の適時打などで4点を加えた。しかし、直後の三回裏から投手陣が打ち込まれ、5点のリードを守れなかった。中盤抑えられていた打線は八回に1点を返し2点差に迫ったが後続が続かなかった。

 ■D刊で全打席速報

 福井新聞社は、電子新聞「福井新聞D刊」と携帯サイト「福井新聞mobile」で北信越高校野球大会の全試合を打席ごとに速報する。閲覧には会員登録が必要。速報サイト「fast」単独のプランでも全打席速報を閲覧できる。ホームページ「福井新聞ONLINE」ではイニング速報のみ公開する。

関連記事