福井市観光大使に委嘱された津田寛治さん(左)と東村新一市長=21日、同市役所

 福井市は21日、同市出身の俳優、津田寛治さん(51)を市観光大使に委嘱した。津田さんは「新しくなった福井の駅前を推していきたい」と市のPRに意欲をみせていた。

 市役所で委嘱式が行われ、東村新一市長が委嘱状と観光大使の名刺を津田さんに手渡した。

 津田さんは「ずっと念願だった。昨年他界した母も喜んでくれてるはず」と感激もひとしお。「子どものころよく通ったエキマエは、きらびやかなおとぎの国のようで大好きだった。ハピリンができた福井駅に降り立ち、あのころの気持ちを思い出した。エキマエの面白さをアピールしていきたい」と力を込めた。

 津田さんは、22日に市内で開かれる第2回福井駅前短編映画祭の審査員を務める。「ハピリンで、通行人が座って作品を鑑賞できるようなイベントがいつかできたら面白いですね」と話していた。

 市はこれまでに同市出身のバレーボール選手、清水邦広さんら3人を観光大使に委嘱している。

関連記事
あわせて読みたい