楽天から4位指名を受け、チームメートと喜ぶ菅原秀(中央)=大阪体育大

 プロ入りを懸けた勝負の年に素質を開花させた。福井工大福井高出身の菅原秀(大阪体育大)が20日、プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)で楽天から4位指名。「こんなにいい順位で選んでもらえて、驚きと感謝の気持ちでいっぱい」とほっとした表情で喜んだ。

 高校3年夏に甲子園に出場し、初戦の常葉橘(静岡)戦で10奪三振の完投勝利。「プロに入れる自信をつかんで」(菅原)進学した大学だったが、苦しいシーズンが続いた。1年秋から登板を果たすも、思うような結果を残せなかった。

 「野球をやめたい」と何度も思ったという。だが、両親や監督の支えで踏みとどまった。「俺には野球しかない」。不退転の覚悟で臨んだ最終学年。ひたすらに走り、ひたすらに投げ、誰よりも練習に打ち込んだ。

 比例するように結果もついてきた。先発の一翼を担った春は防御率2・65の好成績。そして、今秋。150キロ超のストレート、鋭く落ちるスライダーを武器に、無傷の5連勝をマーク。大車輪の活躍でチームを3季ぶりの優勝に導き、最優秀選手賞を受賞。「3年生までは考えられなかった」(菅原)プロへの道を一気にこじ開けた。

 苦しみ、もがき、つかんだ吉報に中野和彦監督は「本当によかった。楽天を支える投手になってほしい」と目を細めた。福井工大福井高の大須賀康浩監督も「4位指名は立派。プロで投げるのが楽しみ。1日でも早く1軍に上がってほしい」と教え子にエールを送る。

 プロ入り後の目標は「則本選手(楽天)のように三振が奪える投手。そして、チームメートから信頼される投手」になること。「即戦力として活躍したい」。描き続けた夢舞台で躍動することを力強く誓った。

関連記事
あわせて読みたい