山崎颯一郎

 オリックスから6位指名を受けた山崎颯一郎(福井・敦賀気比高)。15年春のセンバツ優勝投手の平沼翔太(日本ハム)の背中を見て育った右腕は、高校では1年時からベンチ入り。明治神宮野球大会準々決勝で先発として登板を果たした。

 2年時夏の甲子園2回戦で聖地デビュー。2回を4三振で零封する好投で存在感を示した。大会後はエースとしての貫禄を見せ始め、秋季北信越大会は粘り強い投球で秋2連覇を成し遂げる。新チーム結成後無敗で迎えた明治神宮野球大会決勝では、高松商業(四国代表・香川県)に7回を終え3—0とリード。このまま敦賀気比初の神宮制覇かと思えた八回、まさかの逆転負けを喫した。

 「センバツは優勝できるように必死で練習したい」。敗戦を糧に冬期間に「投球フォームの確立」を課題に練習を重ねた。変化球の制球力や直球の伸びに磨きをかけると、プロ注目の右腕に成長した。

 今春のセンバツ初戦、青森山田戦では切れのある直球を主体にスライダーやカーブを織り交ぜ、的を絞らせない投球を披露。4安打9奪三振の完封勝ちを果たし、再び大舞台で潜在能力の高さを存分にアピールした。

関連記事