天皇陛下の生前退位の実現について政府が想定している2018年は、福井国体、全国障害者スポーツ大会の開催年。過去の例をみると、国体には天皇、皇后両陛下が、障害者スポーツ大会には皇太子ご夫妻がそれぞれ臨席されている。18年が生前退位の年になれば、福井国体は注目が集まる節目の大会になるとの見方もある。

 福井県人事企画課によると、日程の詳細はご訪問の1カ月ほど前に宮内庁から発表されるといい、「現段階で、宮内庁からの連絡はない」という。

 これまで両陛下は、国体の開会式当日とその前後の2泊3日で訪問されているが、今年の岩手国体では4泊5日の日程で、東日本大震災の被災地の復興状況も視察された。

関連記事