大学、社会人のドラフト候補

菅原秀

中村崇友紀

喜多亮太

 20日のプロ野球ドラフト会議で上位指名が見込まれる大学生、社会人を探った。

 昨年に続き、大学には好投手がそろう。最速156キロを誇る田中正義(創価大)は複数球団からの1位指名が予想される。本格的に投手に取り組んだのは大学入学後だが186センチ、89キロの恵まれた体から威力のある速球を投げ込む。同じ右腕の佐々木千隼(桜美林大)も150キロ超えの速球に豊富な変化球を持つ。

 柳裕也(明大)は曲がりの大きい変化球と制球力で、東京六大学リーグ史上15人目の通算300奪三振を達成。長身から投げ下ろす中塚駿太(白鷗大)、力投型の加藤拓也(慶大)の指名にも注目が集まる。左腕では173センチと小柄ながら切れのある直球が光る浜口遥大(神奈川大)が筆頭か。

 右腕の菅原秀(福井工大福井高出身、大体大)は最速151キロの直球を軸に、切れ味鋭いナックルカーブ、スライダーを織り交ぜ三振を量産する。今秋の阪神大学野球リーグは無傷の5勝を挙げ、3季ぶりの優勝に導いた。

 内野手では6月の全日本大学選手権で中京学院大を初優勝に導いた吉川尚輝と京田陽太(日大)が双璧だ。吉川は走攻守の三拍子がそろい、京田は184センチ、80キロの体格にスピードを併せ持ち、長打力も兼ね備えている。

 外野手の中村崇友紀(北陸高出身、龍谷大)は右の長距離砲。身長188センチの恵まれた体格で、打球を遠くに飛ばすパワー、スイングスピードの速さが持ち味。

 社会人では山岡泰輔(東京ガス)の実力が抜けている。広島・瀬戸内高時代から名が知られていた右腕は身長170センチ前後と投手としては小柄だが持ち味のスライダーに磨きをかけ、直球も150キロをマークした。

 喜多亮太(敦賀気比高出身、セガサミー)は強肩強打の捕手。社会人3年目の今季、正捕手の座を獲得した。

関連記事