全国高校総体などでの活躍を誓い、ガンバロー三唱する福井県選手団=7月11日、福井県福井市の県営体育館

 東海地方を中心に開かれる全国高校総合体育大会(インターハイ)と、全国高校選手権の福井県選手団の結団式が7月11日、福井県営体育館(福井市)で行われた。福井国体を控えたことしは計32競技の全選手589人に監督らを加えた約680人が集結。真夏の激戦を勝ち抜こうと闘志、団結力を高めた。

 全国高校総体は29競技691人、全国高校選手権は4競技51人の選手、監督らが挑む。

 結団式では選手を代表し、科学技術高自転車競技部の市田龍生都選手、仁愛女子高テニス部の押川千夏選手が「全国の舞台で、培ってきた力を出し切り最後まで諦めずに戦う。福井国体に勢いをつけるためにもこの夏でステップアップしたい」と力強く宣言。最後は全員でガンバロー三唱し、気勢を上げた。

 全国高校選手権は14日の重量挙げ女子(群馬県前橋市)を皮切りに全国各地で開催。全国高校総体は26日から一部競技が始まり、8月1日に三重県伊勢市で総合開会式が行われる。

関連記事