「大量の宿題とドリル教育の価値」をテーマにおしゃべりしたオフ会=7月2日、福井県鯖江市の市環境教育支援センター

 また、夏休みの宿題の定番である「夏休みの友」が全国共通ではないことも県内出身者を驚かせた。東京都や横浜市出身の参加者は、その存在を知らなかったのだ。「その分、自由研究などに力を入れていた」との県外出身者の声に対し、福井で生まれ育った参加者は「自由研究は“おまけ”的な宿題だった」との声が多くを占めた。

 ■ ■ ■

 宿題を先取りして進めるととがめられたというケースも。前述の横浜市出身の女性は、小学生の子どもが1ページのドリルの宿題を率先して2ページしたら、宿題になってなかった分を消すように命じられたという。学校に電話で抗議すると、先生から「宿題は言われたことをやるのが大事」と説かれたという。

 学校で教えられた問題の解き方と異なる解き方を書いたら怒られたとのケースも。鯖江市出身の30代女性は小学生の頃、利用していた某通信教育で学んだ、学校で習ったのとは異なる算数の問題の解き方をしたら怒られたという。若新さんも「同級生が某通信教育の分からないところを学校の先生に教えてもらおうとしたら、『そんなものを持ってくるな。家庭でやっているんだから先生に聞くな』と言われた」という思い出を打ち明けた。

 これに対し、県内の中学校教員の30代男性は「できるだけ均質的な授業がしたいので、先に進まれると困る」と事情を説明。一方で、「本当に宿題をやってきてほしい生徒はしてこない。学力が高くてまじめな子は、逆にやり過ぎちゃう。塾もあって、『昨夜は午前1時までやってました』とかっていう生徒の話を聞くと、しなくていいよと思う。逆に『お前はしろ』って生徒がやってこない。難しすぎてできないとか。だれのための宿題なのかと思う」とこぼした。

 数々のエピソードを聞いた福井県出身の参加者も宿題に少し疑問を持ったようだ。果たしてそれが学習か、と。こんな意見でほとんどが一致した。「宿題は学ぶためというより、規律を守るための訓練のよう。ただ、子どもたちの遊ぶ時間を奪うものでしかない」。それで学力が伸びるのか、疑問符が付いた。

 そして、話は「福井では、ちゃんと宿題をすることが子どものヒエラルキーにとって大きなウエートを占める」とのテーマに移る。【続きは次回】

関連記事