第135回北信越地区高校野球大会第2日は16日、松本市野球場と諏訪湖スタジアムの2会場で準々決勝4試合が行われる。1回戦で終盤に逆転、勝負強さを見せつけた福井工大福井(福井3位)は松本市野球場第2試合で午後0時半から富山東(富山2位)と対戦する。

 福井工大福井は1回戦、無失策の守りと粘り強い打撃で上田西(長野1位)に逆転勝利を収めた。勢いそのままに準決勝進出を目指す。

 対する富山東も、最終回に村上桜ヶ丘(新潟2位)の隙を見逃さず一気に攻め立てて3点を奪って逆転勝ち。打線の爆発力を発揮できるかが4強入りの鍵となる。

 第1試合は午前10時から、富山第一(富山3位)を8—5で破った日本文理(新潟1位)と長野商業(長野2位)が対戦する。

 諏訪湖スタジアム第1試合では福井商業(福井1位)と高岡商業(富山1位)が激突する。福井商業は10安打9得点の猛打で七回コールド勝ち。先発したエース石本太一も被安打4で完封と、チームの雰囲気はいい。

 同スタジアムの第2試合では接戦を制した小諸商業(長野3位)と日本航空石川(石川1位)が対戦する。

 ■D刊で全打席速報

 福井新聞社は、電子新聞「福井新聞D刊」と携帯サイト「福井新聞mobile」で北信越高校野球大会の全試合を打席ごとに速報する。閲覧には会員登録が必要。速報サイト「fast」単独のプランでも全打席速報を閲覧できる。ホームページ「福井新聞ONLINE」ではイニング速報のみ公開する。

関連記事
あわせて読みたい