第135回北信越地区高校野球大会は15日、長野県内3会場で1回戦を実施。県営上田球場第2試合、福井工大福井(福井3位)は3—2で上田西(長野1位)を下し準々決勝に進出した。

 上田西
 200 000 000…2
 001 000 20x…3
 福井工大福井

 ■上田西 工藤陽平−塩原航
 ■福井工大福井 摺石達哉−大上真人

 福井工大福井は三回、2死二塁で3番井上開都が左越え適時二塁打を放ち1—2と詰め寄った。互いに追加点を奪えず迎えた七回裏、2死二、三塁の好機に2番西村吏久人が中前打を放ち2者を生還させ3—2と逆転。先発摺石達哉は初回に2点を失うも、その後は要所を締めて完投勝ちした。

 上田西は九回、同点の走者を三塁まで進めたが、あと一本が出なかった。

関連記事