夏の県大会決勝で敗れた星稜を破り、14季ぶり3度目の北信越大会出場を決めた。

 投手陣の要は右腕の佐渡。北信越県大会では全6試合に登板、縦に落ちるスライダーを武器に35回1/3を投げ、6失点、36奪三振、防御率0・51と好調を維持した。1年生の杉本も2番手として活躍。3試合に出場し、直球にカーブやチェンジアップなどの変化球を織り交ぜた打たせて取る投球がさえ、打者を翻弄(ほんろう)した。

 チーム打率は3割4分9厘で要所での集中打が光った。小板は1年生ながら、1回戦ではソロ場外弾と満塁弾を放つ好調ぶりをみせた。全6試合に出場し、4割5分5厘という高打率を記録した。同じく1年の上田も6試合に出場。1本塁打で打率は4割と好機に強く、チームの優勝に貢献した。

監督中村 隆
部長石川 明夫
投 佐渡裕次郎 右右 2 173 75
捕 山上 祐大 右左 2 176 67
一 小板慎之助 右左 1 180 96
二 兼田 鳴海 右左 2 167 60
三 國冨 海成 右左 2 167 65
遊 浅野 悠冴 右右 2 168 60
左 上田 優弥 左左 1 185 95
中◎三桝 春樹 右右 2 171 65
右 小坂 敏輝 左左 1 172 76
  大橋 修人 右右 1 176 70
  杉本 壮志 左左 1 166 57
  井岡 啓吾 右右 1 178 72
  長谷川拳伸 右右 1 177 73
  尾畑 秀侍 右左 2 173 67
  的場 拓真 右左 1 173 73
  山岡 広紀 右右 1 170 62
  安保 治哉 右左 2 172 65
  谷 京太郎 左左 2 165 58

関連記事
あわせて読みたい