第3代表決定戦で遊学館を6−3で破り、2季ぶり12度目の北信越大会出場を決めた。

 チーム打率は3割9分9厘と高く、全5試合出場の竹中やクリーンアップを務める瀬堂は5割と好調を維持している。田嶋は4試合出場ながら、7割5分と高打率をマーク。チームの総得点も50得点を挙げた。打撃で相手をねじ伏せるなど状態はいい。

 投手陣はエースの宮浦が防御率1・59、2番手の斎藤も1・50と安定感がある。チーム防御率も1・35と好調だ。1年の大谷も1試合のみ出場だが、4回を投げ9奪三振と好投し、活躍が期待される。

 初戦の相手は春の選抜で決勝に進出した経験がある福井商で、厳しい戦いが予想されるが、持ち前の打撃に磨きをかけ、春の選抜初出場に照準を合わせる。

監督西野 貴裕
部長志田 慶歩
投 宮浦 一輝 左左 2 167 63
捕 瀬堂雅守都 右右 2 173 74
一 田嶋 靖明 右右 2 176 73
二 中村 崇良 右左 2 173 70
三 竹中 栄彰 右右 2 164 69
遊 山邉 大路 右右 1 170 61
左 角井 洸太 右右 2 172 68
中 大谷 輝龍 右右 1 178 68
右 中山 竣介 右左 2 170 68
 ◎冨田 恒毅 右右 2 169 70
  斉藤 祐二 右右 2 174 75
  北村 海飛 右右 2 168 69
  柴山 大輝 右右 2 174 78
  木下  錬 右左 2 162 62
  道巻 亮太 右左 2 171 72
  小滝 海斗 右左 1 168 67
  横濱 遥希 左左 1 175 68
  紙谷 渓吾 右右 2 171 78