盤石の投手陣を中心に守りからリズムをつくり、秋の県大会2連覇を果たした。

 エース左腕の土合はキレのある直球にチェンジアップを織り交ぜる緩急自在の投球で、抜群の安定感を誇る。右腕の伏見は189センチの長身から投げ下ろす直球に威力があり、チーム最長の18イニングを投げた。1年生左腕の山田は3試合でいずれもリリーフ登板し、最速140キロを超える直球が武器だ。

 打線も5試合全てで2桁安打を記録するなど好調。決勝では19安打18得点と圧倒的な攻撃力をみせた。打率5割を超える島村、扇谷、伊藤、谷内の4人が上位と下位に座り、打ち出したら止まらない。

 守備では準決勝まで無失策。決勝のみ3失策とやや乱れたが、チームを救う好守備も随所に飛び出し、内外野ともに鍛えられている。

監督吉田 真
部長芹田 淳
投◎土合伸之輔 左左 2 173 70
捕 筏  秀生 右右 1 166 75
一 島村 功記 右右 2 169 70
二 山本 優翔 右右 2 173 63
三 久保 優斗 右右 2 169 61
遊 中村 昂央 右左 1 174 65
左 扇谷 悠汰 右左 2 177 73
中 伊藤 洸紀 右左 2 176 66
右 谷内 遥紀 右左 2 168 59
  伏見 拓真 右右 2 189 78
  山田 龍聖 左左 1 182 74
  吉本  樹 右右 2 157 62
  北岡  駿 左左 1 180 78
  鏡内  亮 右右 2 166 65
  大石 京佑 右左 2 165 70
  坂下 侑哉 右右 2 163 60
  石橋 拓哉 右右 2 174 69
  安藤 佑隼 右右 1 181 87