高橋、山口のバッテリーを含め、夏の長野大会ベスト4のスタメン7人が残る。まだ力を出し切れていない印象も受けるが、松商学園と対戦した代表決定戦(準々決勝)は最大5点差を逆転。底力を示した。

 1年夏から公式戦で投げている高橋は、140キロ超の威力のある直球を軸に投球を組み立てる。県大会は2試合に先発し計8回無失点。だが背中に違和感が生じ、代表決定戦以降は登板を回避した。本番までにどこまで復調できるか。球威は高橋より劣るものの、柳沢、引木の両左腕も試合をつくる力はある。

 打線は、夏から4番を打つ打率3割6分8厘の関が中軸。2回戦で本塁打を放つなど長打力を秘める4割4分4厘の5番小倉も勝負強い。全体で2割9分5厘と、いまひとつ振るわなかった打線をどう修正するのかも課題の一つだ。

部長新井 克巳 
監督竹峰 慎二 
投 高橋 聖人 右右 2 170 78
捕 山口 大輔 右左 1 169 62
一 柳沢 共亮 左左 2 168 68
二 小倉 太郎 右左 1 174 71
三 渡辺 大寿 右右 1 180 74
遊 小林 尚斗 右右 1 173 65
左 関  優太 右右 2 168 76
中 小林  塁 左左 1 170 69
右 脇本  陸 右右 1 166 62
 ◎上原 賢哉 右右 2 164 56
  石井 康瑛 右右 1 173 68
  小山 凜汰 右左 1 174 60
  引木  翼 左左 1 174 64
  小林 篤史 右右 2 166 61
  山崎 豪気 右右 2 168 81
  小宮山叶星 右右 2 171 70
  木内  陸 右右 2 172 65
  小宮山 聖 右右 2 167 67

関連記事
あわせて読みたい