ラグビートップリーグの福井県内初開催を告知するチラシ

 15人制ラグビーのトップリーグ第8節、トヨタ自動車ヴェルブリッツ—コカ・コーラレッドスパークス戦(福井新聞社後援)が23日、テクノポート福井スタジアム(福井県坂井市)で行われる。同リーグは県内初開催。リオデジャネイロ五輪(7人制)4位の日本代表選手も出場しパワー、スピード感あふれるゲームが繰り広げられる。

 国内最高峰の同リーグは16チームが参加して8月26日に開幕し、来年1月14日まで1回戦総当たりで行う。第6節を終えた10月9日現在、トヨタ自動車は5位、コカ・コーラは14位。

 トヨタ自動車は、リオ五輪日本代表で、素早いフットワークが武器の彦坂匡克らを擁し、FWでがんがん攻めるラグビーが持ち味。

 対するコカ・コーラは五輪日本代表主将で、パワフルなタックルで流れを変える桑水流裕策らが所属。スピードがある。

 午後1時にキックオフ。これに先立ち午前10時から県内の不惑(40歳以上)、女子7人制、高校生チームが県外のチームと対戦する交流試合がそれぞれ行われる。子ども向けラグビー体験会もある。

 前売りチケット料金は、中央席が2500円(小中高生1200円)、自由席は1800円(同500円)、自由席ペア3千円。コンビニなどで扱っている。

 問い合わせは、福井県ラグビー協会事務局=メールfukuirfu@gmail.com

関連記事
あわせて読みたい