台風18号の経路図(5日午前11時現在、気象庁)

 強い台風18号は5日、勢力を弱めながら速度を速め、暴風域を伴ったまま山陰沖へ進み、5日夜のはじめごろから6日未明にかけて、北陸地方から東北地方にかなり接近し、上陸するおそれがある。気象庁、西日本や東日本では、暴風や高波に厳重に警戒し、低い土地の浸水、土砂災害、河川の増水やはん濫、高潮に警戒を呼び掛けている。福井地方気象台は同日午前10時40分、奥越を除く福井県内全域に暴風警報を発表した。

 同10時現在、台風18号は対馬市の西北西約110キロにあり、1時間におよそ35キロの速さで北北東へ進んでいる。中心の気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートルで中心から半径90キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。

 気象庁によると、長崎県対馬市では5日、瞬間風速39・2メートルの非常に強い風が吹いた。宮崎県えびの市では1時間に51・5ミリの雨が降った。

 6日にかけて予想される最大瞬間風速は、九州北部50メートル、中国地方45メートル、北陸40メートル、近畿と四国、関東甲信35メートル、東海と東北30メートル。6日正午までの24時間予想雨量はいずれも多い所で四国と近畿200ミリ、東海と北陸、関東甲信で150ミリ、東北で100ミリ。

 この台風18号の接近で5日午前、福井県内にも交通の乱れなどの影響がでている。

 JR西日本によると午前11時25分現在、台風のため午後6時40分過ぎに出発する次の特急列車の運転を取り止めると発表した。

 【大阪・京都方面】
 (上り)
 ・サンダーバード44号
 ・サンダーバード46号
 ・サンダーバード48号

 (下り)
 ・サンダーバード43号
 ・サンダーバード45号
 ・サンダーバード47号

 【名古屋・米原方面】
 (上り)
 ・しらさぎ16号
 ・しらさぎ66号

 (下り)
 ・しらさぎ15号
 ・しらさぎ63号
 ・しらさぎ65号

 【その他の特急(金沢発福井着)】
 ・ダイナスター2号
 ・ダイナスター4号
 ・ダイナスター6号
 ・おやすみエクスプレス

 空の便は全日空が次の4便を欠航する。
 
 ・ANA755便 午後5時5分羽田発小松行き
 ・ANA759便 午後7時55分羽田発小松行き
 ・ANA758便 午後6時50分小松発羽田行き
 ・ANA3119便 午後6時40分成田発小松行き

関連記事