牧野百男市長を表敬訪問し懇談する細川碧里さん=7月9日、福井県鯖江市役所

 ミス・アース日本大会(7月23日、東京都)に福井県代表として出場する細川碧里さん(26)=大阪市出身=が9日、福井県鯖江市役所で牧野百男市長を表敬訪問した。東京でモデルや女優として活動している細川さんは、大会に向け同市を定期的に訪れてトレーニングしており「鯖江や福井県を発信し、地域貢献にも絡んでいきたい」と語った。

 同コンテストは2001年に第1回世界大会があり、現在は約90カ国が参加する世界4大ミスコンの一つとなっている。日本代表を選ぶ大会は17年から前段としてまず各道府県代表を選考する方式となり、その一つとして福井大会を運営する事務局が同市有定町3丁目のIT企業「エムディエス」に置かれている。

 今年初めて設けられた福井大会は5月に福井市で開かれ、県内外から出場した5人の中から細川さんが県代表である「ミス・アース福井」に選ばれた。細川さんは「あおいみどり」の芸名でテレビCMなどにも出演中。世界大会出場をかけた本番に向けダンスやスピーチなどを磨いており、鯖江でも月1回ほど筋力トレーニングなどを行っている。牧野市長は「鯖江と一緒に世界へ羽ばたいていただきたい」と激励した。

 また市長が環境や女性活躍の取り組みPRなどで連携を呼び掛けると、細川さんは「福井の県民性や自然、ものづくりの心に引かれている。モデルの仕事を絡め発信したい」と意欲を示した。今後、女子高生組織「市役所JK課」のごみ拾い事業などへの参加を検討する。

関連記事