台風18号の予想進路(気象庁)

 非常に強い台風18号は、5日夕方から夜の初めごろにかけて福井県に最も接近する見込み。福井地方気象台は暴風や高波に警戒するよう呼び掛けている。

 4日午後4時現在、台風18号は東シナ海を1時間におよそ30キロの速さで北へ進んでいる。中心の気圧は925ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルで、中心から半径90キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。

 台風18号は東シナ海を北上し、次第に東よりに進路を変える見込み。暴風域を伴ったまま山陰沖を速度を上げながら東北東に進み、5日夕方から夜のはじめ頃にかけて福井県に最接近し、北陸地方に上陸する恐れもある。

 JR西日本は、台風の接近に伴い強風が見込まれるため、5日昼ごろから特急サンダーバードやしらさぎ、ダイナスターのほか、北陸線、越美北線、小浜線で遅れや運転取り止めが出る場合があるとしている。

 同気象台によると、県内では5日昼前から風が強まり、5日夕方から夜遅くにかけて非常に強い風が吹く見込み。予想される最大風速(最大瞬間風速)は、嶺北の陸上で20メートル(35メートル)、海上で25メートル(35メートル)。嶺南の陸上で20メートル(35メートル)、海上で25メートル(35メートル)。

 雨は、5日夜の初めごろから雷を伴って激しく降り、6日にかけて大雨となるところがある見込み。6日午後6時までに予想される24時間降水量は、多い所で50〜100ミリ。

関連記事
あわせて読みたい