生まれは農民の子ともいわれながら、最後は戦国時代の乱世を征して「天下人」にまで大出世した豊臣秀吉。
 長い日本の歴史の中でも「類を見ないほどの大出世」を遂げた男、豊臣秀吉が持っていた「最大の武器」は何だったのか? それは強大な軍隊でもなければ、莫大な経済力でもなく、織田信長や徳川家康でさえその生涯において獲得しえなかった、人をうまく味方につける才能、「人たらし」である。
 では、いったい秀吉の「人心掌握術」はどれほどスゴかったのか。何が凡人と違ったのか。その答えは「日本史」を知ることで見えてくる。
 「日本史を学び直す最良の書」として、作家の佐藤優氏が外交官時代、肌身離さず持ち歩いていた「伝説の学習参考書」が、全面改訂を経て40年ぶりに『いっきに学び直す日本史 古代・中世・近世 教養編』『いっきに学び直す日本史 近代・現代 実用編』として生まれ変わり、現在、累計15万部のベストセラーになっている。
 本記事では、同書の監修を担当し、東邦大学付属東邦中高等学校で長年教鞭をとってきた歴史家の山岸良二氏が「豊臣秀吉の人心掌握術」を解説する。

 ■秀吉の「人たらし」は本当?

 「戦国武将の中で、最も『人たらし』だったのは豊臣秀吉だ」

 歴史ファンならずとも、秀吉には誰もがこんな印象を抱いています。

 数々の歴史小説やドラマでも、彼のことはまず例外なく「稀代の人たらし」として描かれています。「冬の寒い日に、主君である織田信長の草履(ぞうり)を懐で温めた」といった彼の若き日の姿は、よく知られたエピソードでしょう。

 ただ、歴史小説やドラマには、物語を面白くするために、少なからず「フィクション」も散りばめられています。実際、この草履の逸話も含めて、「真偽」が定かでない話も多く語り継がれています。

 しかし、「豊臣秀吉=人たらし」という点に関しては、歴史的事実や信憑性の高い伝承などを見ても、まず間違いない「事実」だったようです。

 では、豊臣秀吉はどれほどまでの「人たらし」だったのか? 彼の「人心掌握術」はいったい何がスゴかったのか? 現代にも応用できる、秀吉流「人心掌握術」という切り口から解説していきましょう。

 ■「太閤」秀吉ってどんな人?

 Q1. 豊臣秀吉はどんな人物ですか?

 戦国時代の武将です。1537(天文6)年、尾張国(愛知県西部)に生まれ、18歳ごろから織田信長に仕えます。

 最初の身分は低く、まったく無名の存在でしたが、次第に頭角をあらわして次々と功績をあげ、やがて信長の重臣となりました。1582年に「本能寺の変」で信長が倒れると、その後継者となって天下統一を果たします。

 その後、大陸(中国)の征服をもくろみますが、その途中の1598(慶長3)年、62歳で死去しました。

 Q2. 「太閤」って何ですか?

 摂政や関白の位を譲った人を「太閤」と呼びます。

 1585年に関白に就任した秀吉は、1591年に甥の秀次にその職を譲り、「太閤」と呼ばれるようになりました。

 いまは「太閤」といえば、すっかり「秀吉」の代名詞となっていますが、たとえば平安時代の貴族「藤原道長」のことを「太閤」と記した記録もあり、日本の歴史上「太閤」と呼ばれた人は、ほかにも多く存在します。

 Q3. 秀吉が天下を取れた「秘訣」は何ですか?

 最大の要因は「人の心をつかむ才能」でしょう。

 

 かつての主君で、天下統一への道半ばで倒れた織田信長とのいちばんの違いは、互いに同じく「優れた軍略家」でありながら、信長は配下の明智光秀に恨まれて「本能寺の変」で滅ぼされたのに対して、秀吉は「人心掌握術」に長けた「人たらし」で、周囲の人にも慕われていたことです。

 「秀吉は“人たらし”の才能を武器に、天下をつかんだ」と言っても過言ではないでしょう。

 Q4. なぜ秀吉は「人たらし」になったのですか?

 自身の性格もあるでしょうが、低い身分からの「叩き上げ」で出世した彼には自前の家臣団がなかったため、多くの「優秀な人材を登用」する必要があったことも大きな理由でしょう。

 この才能は戦いの場でも発揮され、無闇に戦火を交えずに、相手を「味方に組み込む」ことで、無用な犠牲を出さずに勢力を拡大していきました。

 「人たらし」たるために、秀吉には人材の「財や材」を読む力があったようです。たとえば、竹中半兵衛、黒田官兵衛、石田三成などを家臣として登用するときの「人の材を見抜く力」は、上に立つ人物の必須条件といえるでしょう。

 では、秀吉の人心掌握術はいったい何がスゴかったのか。ポイントを5つに絞って解説します。

 ■「上司と部下」はこうして懐柔する

 【1】「上司が苦しいとき」に頑張り、成果をアピールする

 上司がピンチの状況のときには、率先して困難な仕事を引き受けます。

■東洋経済オンラインの関連記事■
徳川家康は「日本人に嫌われる性格」の典型だ
関ヶ原の戦い「本当の裏切り者」は誰なのか?
江戸幕府が「鎖国」していたという大きなウソ
■福井新聞ONLINEの関連記事■
歴史マンガ、大人が読むべき5選
年金の常識を知って損を防ごう
優秀でも出世しないのには理由あり