梅雨明けが発表された福井県内=7月9日、福井市大和田2丁目から撮影

 新潟気象台は7月9日、北陸地方が梅雨明けしたとみられると発表した。同気象台によると、平年より15日早く、昨年より24日早い梅雨明けとなった。

 福井県内は9日午前11時時点、県内9地点で30度を超えるなど気温が上がっている。同気象台によると向こう一週間は、高気圧に覆われて晴れる日が多くなる見込み。同気象台によると県内では高温が予想され、熱中症の危険が特に高くなるとしている。暑さを避け、水分をこまめに補給するなど、十分な対策をとるよう呼び掛けている。

 気象庁は同日、九州北部、中国、近畿、東海も梅雨明けしたとみられると発表した。

関連記事
あわせて読みたい