福井大文京キャンパス=福井市文京3丁目

 福井大の2016年春の卒業生の就職率は96・8%(前年96・1%)で、卒業生千人以上の国公私立大の中でトップ(前年2位)となった。複数学部を持つ国立大の中でも9年連続の1位。福井県立大経済学部は前年と同じ97・4%で、国公私立大の経済系学部の中で2年連続の1位となった。

 教育情報を扱う東京の民間企業が、医・歯学部系の単科大を除く727の国公私立大を調査し、564大学から回答を得た。学部別では566大学から回答があった。ランキングは週刊誌「サンデー毎日」で発表された。就職率は、進学者を除いた卒業生に対する就職者の割合で、全国平均は86・6%。

 福井大と同大学院の16年春の卒業(修了)生1245人のうち314人が進学し、901人が就職した。同大就職支援室は「学生に寄り添って支援した結果」と受け止め、実務につながりやすい工学部の学生が多い点も一因とした。

 福井県立大経済学部は卒業生194人のうち189人が就職。同大は、1年次から地域企業の見学や職場体験を行っており、同大就職・生活支援課は「現場を重視した学びが成果に表れた」としている。

 国公私立大の卒業生100人以上千人未満の区分で福井県立大は96・7%で21位だった。同区分で福井工大は94・5%で66位、仁愛大は93・0%で101位だった。

関連記事
あわせて読みたい