福井県勝山市で昨年3月、赤トンボ研究の教え子で東邦大(千葉県)の大学院生菅原みわさん=当時(25)=を絞殺したとして、殺人の罪に問われた元福井大大学院特命准教授の無職前園泰徳被告(44)=勝山市=の裁判員裁判の判決公判が29日、福井地裁であった。入子光臣裁判長は嘱託殺人罪を適用した上で懲役3年6月(求刑懲役13年)を言い渡した。

 公判では、菅原さんによる殺害嘱託(依頼)の有無が争点になっていた。

 検察側は「家族に危害を加えられると危機を感じたほか、不倫関係が公になるのを回避するためだった」と動機を説明。「男女間のもつれから対処に困り殺害した」と指摘した。

 弁護側は菅原さんの精神状態は非常に不安定だったとし、「自ら殺すよう求めた」と嘱託殺人罪の適用を主張。前園被告は「心理的に追い込まれ嘱託に応じた」などとして執行猶予付き判決を求めていた。

 起訴状によると、前園被告は昨年3月12日、勝山市内に止めた車内で菅原さんの首を腕で絞めて窒息死させたとされる。

関連記事