84歳です。毎日毎日頻繁にこむら返りが起こります。痛みは指先から始まって太ももまで及びます。血圧を下げたり、血の流れを良くしたりする薬をたくさん飲んでいます。また、足の裏に餅がくっついているような嫌な感じがあり、足全体がむくんでいます。どのように対処したらいいか教えてください。(福井市、女性)

 【お答えします】楠川加津子・福井大医学部総合診療部特命助教

 毎日のこむら返り、足のむくみ、足の裏の違和感、お困りことと思います。足の裏の違和感に関しては、むくみからきている可能性も考えられます。

 血液の流れをよくする薬を飲んでいるそうですね。血液の流れの悪くなる閉塞性動脈硬化症では、こむら返りが起こりやすくなりますし、歩行時のほか、進行すると安静時も足の痛みが出てきます。足首と上腕の血圧測定などを通して診断します。

 また、血圧を下げる薬(降圧薬)を飲まれていますね。降圧薬の中でも利尿薬といわれる薬などで、こむら返りが起きやすくなります。

 利尿薬で水分や電解質というものが変わりますが、薬を使わなくても水分や食事をとれないことなどが原因で、水分・電解質が乱れ、こむら返りが起こりやすくなります。

 甲状腺の働きが低下してもこむら返りやむくみが起きやすくなります。

 昼間は難しいかもしれませんが、夜間など横になる際に枕などを足の下に置いて足を挙上するのが、こむら返りにもむくみにも有用と考えます。また、こむら返りに関しては歩くなど足を動かしたり、温めたり、逆に冷やしたりすることも効果的です。アキレス腱(けん)を伸ばすように足全体をストレッチすることは、こむら返りの予防にも治療にもなります。ビタミンB6(魚や肉に多く含まれる)、ビタミンE(油、種実類、魚卵に多く含まれる)をとることも予防になります。

 こむら返りの治療薬としては、漢方薬で芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)といわれるものが即効性があり、頓服として使えます。常用すると、甘草という成分が多く含まれているため、特定の電解質が下がり、だるくなったり、不整脈の原因にもなりますので注意が必要です。むくみがある場合、桂枝加朮附湯(けいしかじゅつぶとう)も効くことがありますが、可能ならむくみの原因の治療をまず行うべきです。

 一番可能性が高いと思われる流れでお話ししました。こむら返りやむくみの原因はさまざまあります。普段のお体の具合をよくご存じで、薬を処方されているかかりつけの先生によくご相談ください。

関連記事
あわせて読みたい