青森県六ケ所村に使用済み核燃料再処理工場などを建設している日本原燃の工藤健二社長は27日の記者会見で、高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)が廃炉となった場合でも、同社の業務運営に「支障はない」との認識を示した。

 工藤社長は再処理工場や、混合酸化物(MOX)燃料工場の早期完成を目指すと強調。「核燃料サイクルの確立に引き続き全力を傾ける。もんじゅとは関係なく進めていける」と述べた。

 MOX燃料によるプルサーマルを実施する原発の再稼働が進んでいない現状には「厳しい状況だが、電力会社が総力を挙げて取り組むものと思っている」と語った。

関連記事