福井県警本部=福井市大手3丁目

 酒気を帯びて車を運転し国道を逆走したとして、福井県警敦賀署は7月7日、酒気帯び運転の疑いで自称敦賀市、会社員柴田敦司容疑者(57)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は、酒気を帯びて同日午前1時50分ごろ、同市坂下の国道8号で乗用車を運転した疑い。

 同署によると、柴田容疑者は国道8号を逆走し、車3台と接触する事故を起こした。110番通報を受け駆けつけた署員が飲酒検知して容疑が分かった。けが人はなかった。

関連記事