中屋幸夫署長から感謝状を受け取る吉田靖幸局長(中)と田畠一光局長(左)=23日、福井県警鯖江署

 福井県鯖江市内の女性2人を特殊詐欺被害から守ったとして県警鯖江署は23日、鯖江旭町郵便局(吉田靖幸局長)と鯖江郵便局(田畠一光局長)に感謝状を贈った。

 今月9日、特殊詐欺グループの捜査中だという県警警官を名乗る男から「郵便局の中に詐欺グループのメンバーがおり、あなたの貯金を引き出す恐れがあるので、すぐに下ろして」との電話が市内で10件以上頻発。鯖江旭町郵便局には70代女性が約900万円、鯖江郵便局には60代女性が約350万円を引き出しに訪れた。

 女性2人とも、男から貯金を引き出す理由を局員に伝えないよう指示されていた。しかし、同日市内で不審な電話が続発したことを同署からのメールで知らされていたこともあり、大金を引き出すことを不審に思った両局の窓口局員は粘り強く話を聞き、思いとどまらせた。迅速に鯖江署に通報もした。

 中屋幸夫署長が吉田、田畠両局長に感謝状を手渡し、「顧客のプライバシーの問題もある中、水際で被害を阻止してくれた。レターパックを利用するケースなどさまざまな手口があり、今後も被害防止へ連携を深めたい」とお礼を述べた。両局長は「高齢のお客さまも多く、貴重な財産を守るために抑止に努めたい」と口をそろえた。

関連記事
あわせて読みたい