第137回北信越地区高校野球福井県大会準決勝・羽水―坂井 八回、勝ち越しの右越え適時三塁打を放った坂井・出店朋樹=25日、福井県営球場

 第137回北信越地区高校野球福井県大会は25日、福井県営球場で準決勝を実施。第1試合は、坂井が4—3で羽水を下し、決勝へ進出した。坂井は北信越大会の出場権を獲得した。

 羽水
 000 200 010…3
 101 100 01×…4
 坂井

 ■羽水 佐藤義視、藤田悠来、三上一聖—藤田悠来、海崎将吾、藤田悠来
 ■坂井 吉川大翔—石川雅晴

 坂井は初回、3番軽部裕樹の四球と4番牧野大和の中前打で2死一、三塁の好機を作り、相手の守備の乱れで先制した。三回には2死二塁の場面から5番横山翔大が左越え適時二塁打を放ち1点を追加した。同点に追いつかれた直後の八回、2死二塁から2番出店朋樹の右越え適時三塁打で勝ち越しに成功した。

 先発の吉川大翔は四回、八回に同点に追いつかれるも粘りの投球で完投。羽水打線の反撃を抑えた。

 羽水は八回、3番毛利健、4番山本貴大の連続二塁打で同点に追いついたが、その後の1死満塁であと1本が出なかった。

関連記事