斜面から濁った水が路上に流れ込む現場=7月7日、福井市内

福井市内、大雨で道路が冠水した=7月7日午前9時ごろ、福井市三留町

 大雨が続く福井県は7月7日午前8時40分時点で、24時間降水量が坂井市春江と福井市越廼の2地点で観測史上最大を観測した。坂井市三国、おおい町では7月の観測史上最大を観測した。

 ⇒福井県の防災情報はこちら

 坂井市春江の24時間降水量は177.5ミリ、福井市越廼は225.5ミリ。48時間降水量は坂井市三国で291.5ミリ、福井市越廼で290ミリとなり観測史上最大の雨量となった。

 そのほか県内各地の24時間降水量は坂井市三国213ミリ、福井市122.5ミリ、福井市美山58ミリ、勝山市48ミリ、越前市83.5ミリ、大野市大野41.5ミリ、大野市九頭竜128ミリ、南越前町今庄43ミリ、敦賀市52ミリ、美浜町53ミリ、おおい町174.5ミリ、小浜市57ミリ。

 7日午前9時現在、県内全域に大雨警報、福井市、あわら市、坂井市、越前町、鯖江市、高浜町、おおい町に洪水警報が出ている。午前6時10分に発表された土砂災害警戒情報では福井市、敦賀市、大野市、あわら市、越前市、坂井市、南越前町、越前町、美浜町、高浜町、おおい町が警戒地域になっている。

 福井地方気象台によると福井県内の天気は、北陸地方に前線が停滞しているため8日明け方まで雨で、ところによって激しく降るという。

関連記事
あわせて読みたい