第137回北信越地区高校野球福井県大会準々決勝・坂井―三国 完投勝ちした坂井の吉川大翔=24日、福井県営球場

 第137回北信越地区高校野球福井県大会第6日は24日、福井県内2会場で準々決勝を実施した。福井県営球場第1試合は、坂井が三国を8—0(7回コールド)で下し、準決勝に進出した。

 三国
 000 000 0…0
 020 033 X…8
 坂井

 ■三国 石田瑛暉、辻純平—保出龍兵
 ■坂井 吉川大翔—石川雅晴

 坂井は二回、8番吉川大翔の二塁打と9番南孝輔の犠飛で2点を先制。五回は無死満塁の好機をつくって3点を追加した。六回は1番吉田温郎の内野安打と3番軽部裕樹の左前打で計3点を奪った。

 坂井の先発吉川大翔は、ストライク先行でテンポ良く投げ、四回までに8つの三振を奪った。試合後半は打たせてとり、完封で締めた。

 三国は七回、1死一三塁としたがあと1本が出なかった。

 勝った坂井は25日、準決勝で羽水—敦賀気比の勝者と戦う。

関連記事