現在の福井市にあたる旧岡保村は明治22(1889)年の成立時、南接する旧酒生村の飛び地が散在。時の知事は岡保村から5町1反余、酒生村からは1町1反余を割譲する境界変更を告示したが、岡保村会は知事不信任を出して総辞職。村長も辞職し行政機能は停止した。同32年、貴族院は村から提出された請願書を採択。その後、調停が進み、知事退職を機に紛争は収束し境界変更は受け入れられた。

関連記事
あわせて読みたい