武生郵便局(福井県越前市中央1丁目)の配達区域で郵便物が届かず、特定の配達員が1500通以上を配達していなかったとみられることが23日までに、日本郵便北陸支社などへの取材で分かった。

 同支社などによると、未配達は特定の配達員が郵便物を不適切に取り扱ったとみられるとして、日本郵便本社社員が5日、越前署に相談した。未配達郵便物の一部は回収され、社員が差出人を訪れ、配達遅れのわび状とともに手渡しているという。

 未配達郵便物の投函(とうかん)時期、配達員の身分などは明らかにしていない。

 同支社経営管理部の担当者は「郵便法違反の疑いもあり、事実関係を確認している」とコメント。その上で「お預かりした大切な郵便物を速やかにお届けできなかったことについて、誠に申し訳なく深くおわび申し上げます」と話している。

関連記事