第137回北信越地区高校野球福井県大会第6日の24日、福井県営球場と敦賀市総合運動公園野球場で準々決勝4試合が行われる。

 敦賀市総合の第1試合(午前10時開始予定)は、羽水とシード敦賀気比が対戦する。

 敦賀気比は初戦こそ硬さが見られ決定力を欠いたが、2回戦では打線がつながり11得点。5回コールドで制して強豪校の風格を見せた。準々決勝も投打で圧倒したい。

 羽水は18日、8—0とリードしていながら降雨ノーゲームというアクシデントに見舞われたが、21日の試合でも投打に安定感のある試合運びで準々決勝に進出した。シード校を破って上位を目指す。

 第2試合(午後0時半試合開始予定)では、打撃好調の福井工大福井と投手力が安定している啓新が激突する。

 ■D刊で全打席速報

 福井新聞社は、電子新聞「福井新聞D刊」で高校野球福井県大会の全試合を打席ごとに速報する。プレー写真も更新し、携帯電話やパソコン、スマートフォンで試合の流れを紹介する。申し込み方法はインターネットで「福井新聞D刊」を検索。

 また「Web写真館」では熱戦の様子を掲載する。大量の写真を試合当日にアップ。球児たちの熱闘をとらえた写真の数々を閲覧できる。

関連記事
あわせて読みたい