敦賀までのJR北陸線・湖西線直流化開業を十月二十一日に控え、JR西日本は二十三日深夜から二十四日朝にかけて、北陸線の敦賀—長浜間(三八・二キロ)、湖西線の近江塩津—永原間(五・八キロ)の計四十四キロ区間で、架線電流を交流から直流に切り替える設備工事を行った。これで長浜以北から敦賀駅までの直流化工事すべてが完了。関西から敦賀駅への新快速電車乗り入れの態勢が整った。

 直流化計画は福井、滋賀両県の要請を受けてJR西が二○○三年十月に着工し、送電線工事や電柱敷設などを進めていた。

 総事業費は変電所や新車両導入を含めて百六十一億円で、本県の負担分は六十八億円。

 最終工程となった二十三日夜からの工事は、上下線の特急など七本を運休して実施。協力会社を含め約五百人が作業に当たった。

 敦賀—今庄間を停電にした後、敦賀駅近くの敦賀変電所(敦賀市木ノ芽町)、新疋田変電所(同市疋田)など線路脇に新設された計四カ所の変電所と、既設の架線を直流用の電線で接続。また、北陸トンネルの敦賀側出口付近で、通過する列車が交流と直流を切り替える区間「交直セクション」を上下線ともに設置した。

 二十四日午前四時ごろ直流による送電を開始。今庄—敦賀間、敦賀—長浜間などで試運転列車を往復させて電圧の点検を行い、同五時半に切り替え工事を終えた。

 同五時四十八分には、福井発の普通電車が直流化後の一番列車として敦賀駅を出発。米原に向かった。

 JR西は今年八月、直流化に伴う新ダイヤを発表。敦賀を発着する新快速は両線の上下線合わせて二十五本で、京都・大阪までを直通運転する。

関連記事
あわせて読みたい