前川敬仁容疑者の所持していた大型かばん(福井県警福井署提供)

 福井県警福井署と県警捜査1課は22日、警察官をかたって女子児童に声かけして誘拐しようとしたとして、わいせつ目的誘拐未遂の疑いで福井市の無職、前川敬仁容疑者(23)を再逮捕した。同署によると「間違いない」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は今年3月30日午後1時ごろ、同県永平寺町内の公共施設駐輪場で、1人で自転車を止めていた小学校高学年の女子児童に「警察のものですけど、協力してくれませんか」などと声をかけ、わいせつ目的で誘拐しようとした疑い。

 同容疑者は事件当時、縦50センチ、横70センチ、幅30センチのナイロン製の黒い大型かばんと、ビニールひもを持っていたとみられ、同署などは女児をかばんに入れて連れ去ろうとしていた可能性があるとみて調べている。女児は同容疑者と面識はなく、施設職員にすぐに相談したため、無事だった。

 また、同容疑者は今月1日、8月31日に同町内の公共施設駐輪場に止めてあった女子児童の自転車の前かごに、特定の場所に女児を誘いだす内容の手紙を置き、誘拐しようとしたとして未成年者誘拐未遂の疑いで逮捕され、処分保留中。このときは女性かつらに灰色の長袖シャツ、黒いスカートとタイツで女装し、大型かばんを持っていたという。

関連記事
あわせて読みたい