第137回北信越地区高校野球福井県大会2回戦・敦賀工業―啓新 完封勝利した啓新の藤原直也=22日、福井県営球場

 第137回北信越地区高校野球福井県大会第5日は22日、福井県内2会場で2回戦を行った。県営の第2試合は啓新が5—0で敦賀工業を下し、準々決勝に進出した。

 敦賀工業
 000 000 000…0
 110 000 21x…5
 啓新

 ■敦賀工業 加藤匠、塚田風太—山本夏生
 ■啓新 藤原直也—堂國新

 啓新は初回、上ノ山倫大朗の左前適時打で先制し、二回にも1点を追加した。七回、死球や相手の失策などで2死満塁とすると、またも上ノ山が右前適時打を放ち2点を追加した。先発した藤原直也は変化球を織り交ぜ好投し敦賀工業打線を2安打に抑え完封した。

 敦賀工業は五回、先頭の山本矢が左前二塁打で出塁、内野ゴロで三塁に進塁するも後が続かなかった。

 啓新は24日、敦賀市総合運動公園野球場で行われる第2試合(午後0時半開始予定)で福井工大福井と対戦する。

関連記事