日本人の大多数が1日1回以上、入浴とともに日常の習慣にしているシャンプー。頭皮や頭髪の汚れや皮脂などを、シャンプー剤で洗い落とすのは気持ちいいものです。「朝も夜もシャンプーが欠かせない」と1日に複数回洗う人もいるでしょう。

 私は美容師、ヘアースタイリストとして長年、さまざまな人の頭皮や頭髪に触れ、数え切れないほどのシャンプーをやってきましたが、一般の人の中にはその適切なやり方を理解していないというケースが実は多いと感じています。「たかがシャンプー」と思う人がいるかもしれませんが、侮ってはいけません。やり方が正しくないとフケやかゆみ、炎症のほか、悪臭や抜け毛などを招いてしまうこともあるからです。

 ハードな仕事で疲れていたり、お酒に酔っ払って深夜に帰宅したりした日には、「お風呂に入るのも面倒だし、頭を洗うのは翌朝にしようか」と思って、そのまま就寝してしまうこともあるでしょう。これは禁物。頭皮や頭髪の汚れは、その日のうちに洗い流すことが不可欠です。

■東洋経済オンラインの関連記事■
「薄毛に悩む人」が意外と知らない育毛の常識
シャンプーを使わない「湯シャン」のススメ
夏の朝シャンが決しておススメできない理由
■福井新聞ONLINEの関連記事■
ライザップ体験者が語る痩せる理由
突然死は40代男性が1番多い
クモが鳥を食べる姿を撮影成功