第137回北信越地区高校野球福井県大会1回戦・武生―敦賀工業 二回、先制のホームに生還した敦賀工業・加藤匠=21日、敦賀市総合運動公園野球場

 第137回北信越地区高校野球福井県大会は21日、県内2会場で1回戦と2回戦を実施。敦賀市総合運動公園野球場の第1試合(1回戦)は、敦賀工業が3—2で武生を下し、2回戦へ進出した。

 敦賀工業
 010 010 000 1…3
 000 000 200 0…2
 武生

 ■武生 服部竜大—渡辺隆太郎
 ■敦賀工業 塚田風太、道端一翔—山本夏生

 敦賀工業は二回、4番加藤匠が左前二塁打で出塁すると6番山本矢の左中間適時二塁打で先制。7回に同点に追いつかれ迎えた延長十回、1死二塁の好機で5番山本夏生が右越え適時二塁打を放ち1点を追加、これが決勝点となった。

 先発の塚田風太は六回まで安定したピッチングを見せたが、七回に制球の乱れで同点に追いつかれた。2番手道端一翔は被安打1の好投で武生打線に得点を許さなかった。

 武生は七回、同点に追いつくもあと1本が出ず、力投する先発服部竜大を援護することはできなかった。

関連記事