20日に金沢市民野球場で行われる予定だった、ルートインBCリーグのプレーオフ、西地区チャンピオンシップ(CS、3戦方式)最終戦の石川ミリオンスターズ—福井ミラクルエレファンツ戦は雨天中止になり、前後期王者の石川の西地区優勝が決まった。通期勝率2位の福井が勝ち上がる条件は3戦全勝。2連勝で逆王手をかけていたが、予備日が20日までしかないため、敗退になった。

 石川は東西2地区制になって初の西地区優勝。北陸地区時代は5度優勝している。21日から、東地区を制した群馬とリーグの頂点を懸けてプレーオフを戦う。

関連記事
あわせて読みたい