第137回北信越地区高校野球福井県大会1回戦・足羽―坂井 足羽打線を完封した坂井先発・吉川大翔=18日、敦賀市総合運動公園野球場

 第137回北信越地区高校野球福井県大会は18日、敦賀市総合運動公園野球場で1回戦を実施。第1試合は、坂井が9—0で足羽を7回コールドで下し、2回戦へ進出した。

 坂井
 500 002 2…9
 000 000 0…0
 足羽

 ■足羽 山岡悠馬—松倉穂高
 ■坂井 吉川大翔—石川雅晴

 坂井は初回、1死一、二塁の好機に4番牧野大和が中前適時打を放ち先制。その後も5番横山翔大、6番出店朋樹の連打や相手守備の乱れでこの回5得点、足羽を引き離した。六回には2死二、三塁の場面で2番山内良太が右前適時打を放ち2点を追加し試合を決めた。

 先発の吉川大翔は力強い直球を中心に被安打2の好投、足羽打線を完封した。

 足羽は打線が沈黙、二塁を踏むことができず、力投する先発山岡悠馬を援護することができなかった。

関連記事
あわせて読みたい