「松平文庫」は越前松平家第19代当主康昌氏が県立図書館に寄託した、同家に所蔵されていた福井藩史料。「越葵文庫」は同第20代当主で福井市立郷土歴史博物館名誉館長宗紀氏が同博物館に寄託した同家東京本邸の収蔵史料。松平文庫には貴重な写本、版本、系譜などの藩政史料が多く、越葵文庫は歴代藩主の遺品や武具などの美術工芸品が主体となっている。

関連記事
あわせて読みたい