第137回北信越地区高校野球福井県大会は第3日の18日、福井フェニックススタジアムと敦賀市総合運動公園野球場で1回戦4試合、2回戦2試合を行う。敦賀市総合の第1試合(1回戦・午前9時開始予定)には、シード4校目として坂井が登場、足羽と対戦する。

 夏の福井大会で強豪敦賀気比を下し、全国的な注目を集めた坂井。新チームは厚い投手層が特徴で、左腕吉川大翔、右腕嶋田勘人ら6人を登録。初戦の先発マウンドを託されるのは誰か。

 足羽は前チームの主力が多く残り、試合経験が豊富。エース右腕山岡悠馬らを軸に、守って流れを引き寄せたい。

 両校は今年の春季県大会1回戦で対戦し、足羽が8—4で勝利している。

 敦賀市総合の第2試合(1回戦・午前11時半開始予定)は大野—啓新、第3試合(2回戦・午後2時開始予定)は羽水—丸岡。

 ■D刊で全打席速報

 福井新聞社は、電子新聞「福井新聞D刊」で高校野球福井県大会の全試合を打席ごとに速報する。プレー写真も更新し、携帯電話やパソコン、スマートフォンで試合の流れを紹介する。申し込み方法はインターネットで「福井新聞D刊」を検索。

 また「Web写真館」では熱戦の様子を掲載する。大量の写真を試合当日にアップ。球児たちの熱闘をとらえた写真の数々を閲覧できる。

関連記事
あわせて読みたい