第137回北信越地区高校野球福井県大会1回戦・若狭―武生工業 終盤に逆転し2回戦へ進んだ若狭ナイン=福井市の福井フェニックススタジアム

 第137回北信越地区高校野球福井県大会第2日の17日、福井フェニックススタジアム第1試合は若狭が9—6で武生工業を破り、2回戦へ進出した。

 武生工業
 001 500 000…6
 021 100 23×…9
 若狭

 ■武生工業 宮下哲平、笠嶋直弥—幸明慶勳
 ■若狭 山内涼平、上杉恵太、小原陸—入江花男

 若狭は二回、2死二三塁から相手のエラーと1番塚本優作の右前適時打で計2点を先制。逆転されて迎えた七回、4番山口源輝の左中間二塁打と6番山内涼平の左前打で同点に追いつくと、続く八回には相手守備のミスを逃さず計3点を奪って試合を決めた。

 四回途中からマウンドに上がった若狭の2番手上杉恵太は、八回まで粘り強く投げて武生工業に追加点を許さなかった。

 武生工業は1—3と2点を追う四回、無死満塁から5番笠嶋直弥、6番高橋司、7番石川大勲の3連続適時打で一挙5点を奪い逆転に成功した。しかし守備のミスが響き初戦突破はならなかった。

関連記事
あわせて読みたい