台風13号は7日、九州の南海上を北東に進んでいる。福井地方気象台によると、8日朝に東海地方の南方海上を通過し、同日午前9時ごろには温帯低気圧に変わる見込み。福井県が暴風域に入る恐れは低いが、台風が通過する際、北陸上空付近に停滞する前線を刺激するため、7日夜から8日夕方にかけて激しい雨が降る見込み。

 1時間降水量は多い所で30ミリ以上。8日の総雨量は100〜150ミリが見込まれ、雨の期間が長引く可能性があることから、土砂災害に注意を呼び掛けている。

 最大風速は8日夕方にかけて陸上で12メートル、海上で15メートルの予想。波は同日昼すぎから2・5メートルの見込み。

関連記事
あわせて読みたい