福井県敦賀市の量販店の立体駐車場から石こうボードの破片が投げられた事案で敦賀署は3日、道交法違反(禁止行為)の疑いで県内の中学2年生男子2人を補導した。

 2人は2日午後2時20分ごろ、同市白銀町のアル・プラザ敦賀店6階の立体駐車場から、石こうボードの破片を約20メートル下に投げた疑い。

 同署によると、2人は同じ中学に通う友人同士で、同店に遊びに来ていて「遊び感覚でやった」「楽しそうと思い、やった」と話しているという。1人が3日午前7時20分ごろ、母親と共に同署を訪れ、破片を投げたことを認めた。事情を聴いたところ、もう1人破片を投げたことが分かり、同署が呼び出した。

関連記事
あわせて読みたい