爆発が起き、屋根が大破した工場=7月2日午後6時ごろ、福井県若狭町のプロテインケミカル福井工場(上空から日本空撮・小型無人機ドローンで撮影)

 7月2日午後1時45分ごろ、福井県若狭町の若狭テクノバレー内にあるプロテインケミカル(本社東京都)の福井工場で、鉄骨平屋の化学工場が爆発したと119番通報があった。化学製品の製造中に、何らかの理由で薬品を混ぜていた容器が爆発したらしい。この爆発により同社社員の男性1人が死亡、男性1人が重傷。近くの別会社の従業員や住民ら計10人が、目やのどの痛みを訴えるなどして救急搬送された。県警は業務上過失致死傷容疑を視野に原因などを詳しく調べる方針。

 死亡したのは同県小浜市の同社社員三宅丈史さん(39)。事故後、病院に搬送されたが約1時間後に死亡が確認された。同市内の同社社員男性(18)が顔などにやけどを負う重傷を負った。ほかに同社の男性社員3人と、北側にある別会社の40~50歳の男女従業員5人、近隣に住む58歳と86歳の女性2人が搬送された。

 小浜署によると、三宅さんと重傷男性社員の2人は工場の中2階で機械で液体を混ぜ合わせる作業をしていた。爆発により工場の屋根などに穴が開き、オレンジ色の煙が周辺に拡散した。同署による同社への聴取から、煙は窒素酸化物で人体に大きな影響はないとみられる。

 事故後、工場内を見た同町職員によると、建物内には爆発したとみられる樽形の攪拌設備があったという。

 プロテインケミカル東京本社によると、爆発した福井工場はOEM(相手先ブランドによる生産)により、他社からの依頼を受けて、医薬品や電子材料の原料を生産している。日によって製造品目が違うため「事故当時、どういう薬品を使っていたか現時点では分からない」と説明。電気火花が飛ばない処理などが施された防爆施設で、混ぜて爆発するような薬品はないとし「なぜ爆発が起きたのか見当がつかない。爆発原因を把握し発表したい」としている。

 爆発の影響により、校区に同工場がある野木小では全児童を保護者同伴で下校させた。上中中は工場近くの同町堤、杉山両区の生徒のみ、保護者の迎えで帰宅させた。また同町は、杉山区の上水道の水源がある現場北側の山などで水質検査を実施。同日午後4時ごろの調査では異常はなかった。3日以降も検査を続ける。

 同町によると、同社は1999年4月に若狭テクノバレーに進出し、今年4月時点での従業員は23人。小浜署によると爆発当時は工場内に22人がいた。同署は3日、消防と合同で現場を詳しく調べる予定。

関連記事