台風10号の経路予報図(気象庁HPより)

 大型で非常に強い台風10号は29日、東京・八丈島の南海上を北寄りに進んだ。30日には進路を変えて北日本から関東に接近、強い勢力で暴風域を伴ったまま上陸する恐れがある。福井地方気象台は福井県内で29日夕方から30日明け方に大雨の恐れがあるとして、低い土地の浸水や土砂災害に警戒を呼び掛けている。

 同気象台によると台風の中心付近が県内を通過する可能性は低いものの、本州上空に温かく湿った空気が流れ込むほか、寒気を伴った気圧の谷の影響も受け、大気の状態が非常に不安定になる見込み。

 福井県では嶺北、嶺南とも29日夕方から夜遅くにかけ、1時間に最大40ミリの雷を伴った激しい雨が降る恐れがある。30日未明から明け方にかけても1時簡に最大30ミリの雨が予想され、30日正午までの24時間雨量は最大100ミリに達する可能性がある。海上ではうねりを伴った高波にも注意が必要。

 台風10号の接近に備え、県は29日午前、部局間の連絡調整会議を県庁で開き、今後の気象情報の共有と防災対策や農作物管理の徹底を確認した。

関連記事
あわせて読みたい