ルートインBCリーグ、西地区最下位の福井ミラクルエレファンツは28日、後期優勝の可能性がなくなり、2年ぶりに前後期通じて優勝を逃すことが決まった。首位石川が勝利したため、福井が残り5試合で全勝しても勝率で上回れなくなった。石川は後期優勝へのマジックナンバー「5」を点灯させた。

 福井は後期単独最下位に沈んでいるが、石川が後期優勝した場合はプレーオフ(9月16〜18日)進出へ望みがつながる。

 前後期同一チームが優勝した場合、プレーオフには通期の勝率2位チームが出場する。福井の通期成績は32勝32敗3分けで石川に次いで2位。28日現在、後期2位の富山に6勝、同3位信濃には4勝差をつけている。福井は後期残り5試合で1勝でも多く積み重ねていけるかが鍵を握る。

 ただ、通期勝率2位のチームがプレーオフを勝ち上がる条件は3戦全勝。引き分けも許されない厳しい戦いになる。

関連記事
あわせて読みたい