ルートインBCリーグ・福井ミラクルエレファンツ―滋賀ユナイテッドBC 9回1失点と好投した福井の先発神戸文也=7月1日、敦賀市総合運動公園野球場

 ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは7月1日、福井県敦賀市総合運動公園野球場で滋賀ユナイテッドBCと戦い、延長十一回の末、1―1で引き分けた。後期は通算1敗2分け。

 次戦は4日、金沢市民球場で石川ミリオンスターズと戦う。

滋賀
000 000 001 00…1
000 000 010 00…1
福井
(延長11回)

 【評】福井は先発神戸文也が九回まで投げ被安打3、1失点と好投したが打線の援護がなく、延長の末、引き分けた。

 神戸は八回までわずか1安打に抑え、三塁を踏ませない投球。しかし、九回2死から連続二塁打を浴び失点した。延長は岩本輝、日下部啓太の継投で追加点を許さなかった。

 打線は八回、小野瀬将紀が四球を選び、盗塁などで1死二塁とすると、清田亮一の適時二塁打で先制した。延長は無安打で得点の好機を得られなかった。

関連記事