【論説】サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で、日本が決勝トーナメントに進出した。厳しかった1次リーグの3試合を通じ、選手たちは急速に、心身の強靱(きょうじん)さを備えてきている。ポーランド戦終盤のボール回しに徹した作戦は批判も浴びるが、大会前は3戦全敗の予想まであったチームである。それが西野朗監督の下に結束、ベスト16に名乗りを上げる見事な結果を出した。

 ポーランド戦は16強進出に向けた条件が複雑で、目標をどこに置くか難しい試合だったが、試合経過をたどれば日本の取った戦術は理にかなっている。

 前半は2トップがボールを追い回し、点を取りに行った。後半に1点を先制された後、西野監督はアタッカーの乾貴士選手を投入。この時点でセネガル―コロンビアは点が入っておらず、そのままならセネガルが1位通過、日本は3位になる。点を取る必要があっての選手交代だった。

 しかし、コロンビアが1点を取って状況が変わる。その状態なら、「フェアプレーポイント」で上回る日本が2位、セネガル3位となる。ここで西野監督はFWを1人減らし、長谷部誠選手を送り込む。現状維持と、警告を受けるな、との指示をチームに徹底した。

 重圧がかかる中、変化し続ける状況を見極めて指揮官が下した究極の決断といえる。格好良くないのは監督や選手たちは百も承知で、二度とやりたくないとも思っているだろう。

 むしろ、長谷部選手投入後、全員が指示を確実に実行したことに注目したい。ブーイングの中、深い戦術理解と強固な意志がなければなし得なかった。選手の対話を重視し、自主性を引き出してきた西野ジャパンの成果が見て取れた。

 セネガルがコロンビアに追い付かなかったのは幸運だ。そこは西野監督にとっても賭けだった。ただ、両チームと対決したばかりで、双方の力量を最も肌で感じていたのが西野監督である。監督なりの、賭けの根拠はあったのではないか。

 初戦のコロンビア戦は開始早々、相手が1人退場。「勝って当然」の状態は逆に難しいが、冷静にボールを動かし、人数の少ない相手を疲れさせた。セネガル戦は、相手の速さやパワーにひるまず走り続け、2度にわたって追いついた。ハリルホジッチ前監督時代は「選手がベンチの顔色をうかがいながら戦っている」とも評されたが、今やタフさは世界有数のチームだ。

 いよいよ決勝トーナメントが始まる。初の8強を懸けたベルギー戦では、パスをつないで攻める日本らしいサッカーをファンに見せてほしい。一方、たとえば1点リードで終盤を迎えたら、ちゅうちょなく時計を回す戦術を取ればよい。攻撃的かつ状況に応じた懐の深いサッカー―。それが1次リーグを通じて見えてきた日本のチーム像である。

関連記事
あわせて読みたい